> カテゴリ
全体
防災どんたくって何?
実施イベントの情報
準備会議
構成団体や協力団体について
イベント準備のヒトコマ
連絡先
規約
イベントの結果報告
防災どんたくブログに関して
つぶやき
未分類
>
~防災は備えるものから 身につけるものになった~

この活動は下記の団体および個人によって構成されております。☆マーク団体をクリックするとそれぞれの団体HPにジャンプします。(50音順)

☆NPO安全で安心な市民生活の会 ライフサポート

◆いてもたってもおら連帯

☆園芸福祉ふくおかネット
☆九州産業大学建築学科グループ
◆博多あん・あんリーダー会
☆(社)福岡県建築士会福岡支部
☆福岡応急手当て普及の会
☆福岡レスキューサポート・バイクネットワーク
☆NPO南畑ダム貯水する会

☆日本防災士会福岡県支部
■共催
☆読売新聞西部本社
☆財団法人 福岡市スポーツ振興事業団
☆福岡市NPO・ボランティア交流センター あすみん
■後援
☆福岡県
☆福岡市
☆社団法人福岡県建設業協会

【防災どんたく実行委員会にメールを送る】
arigatou-f-owner@yahoogroups.jp

【リンクサイト】
消防防災博物館イベント情報↓(防災どんたく掲載)

イベント情報 <br />
www.bousaihaku.com

☆防災情報新聞(防災催事情報で防災どんたく掲載)

☆福岡市学習情報提供システム「まなびアイふくおか」

☆福岡アンテナ「福岡のイベント情報ブログ」

☆トラストナビ(地域イベント情報に防災どんたくあり)

☆危機管理セミナー(イベント情報にトイレワークショップあり)

このブログに関して

Copyright(C)2007
防災どんたく実行委員会
All Rights Reserved.
タグ:イベント報告 ( 16 ) タグの人気記事
反省会&全体打ち上げの実施4月19日 後編
後編いきます。

模造紙にまとめた各グループの巨大議事録をそれぞれのグループの最もイケメンが発表するということになりました。こんな感じ、、です。
c0152380_046381.jpg

c0152380_10293244.jpg

c0152380_047957.jpg

c0152380_0475048.jpg

c0152380_048870.jpg

前篇も書きましたが、反省点は、共通した問題が多かったですね。
●宣伝・広報に関する反省 ●進め方の反省 ●仕事の不均等 などなど
これを改善してゆけば、逆にどのグループでも強みになるってことか!!

c0152380_051952.jpg

この模造紙は次回への大事な記録といたします。

結局ここでじっくり時間を費やして話しあったので、予想通り?全体運営に関してはちょっと時間が足りず、後日役員会をもうけましょうということでいったん閉会いたしました。

報告書についてもただいま作成中です。延べの参加者や、ボランティア人数もまとまりましたらこのブログ上でも紹介してゆきますね。

全体打ち上げは、あすみんの道向いの「十徳や」さんにて。
c0152380_0565241.jpg

c0152380_12877.jpg


22名の参加者で盛り上がりました!最後は実行委員会の仲間の前向きなコメントがどれも心に残りました。ありがとうございました。
c0152380_14987.jpg

[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-21 00:58 | イベントの結果報告
反省会&全体打ち上げの実施4月19日 前編
4月6日の 「玄界島環境緑化支援」をもって、今回の「防災どんたく」の全イベントが無事に終了いたしました。参加された皆様、ご協力くださった皆様、多くの方々のお力に支えられて、事故もけがもなく終えたことを、実行委員会一同感謝いたします。ありがとうございます。
c0152380_030510.jpg


■個々のイベントの反省会と全体運営の反省、で欲張って次回への展望などなどてんこもりの議事次第で、4月19日午後3時よりあすみんセミナールームにて、防災どんたく反省会を開催いたしました。

まずはニュースに取り上げられた「親子でサバイバル」のテレビ映像とを鑑賞。Y坂さんのくそまじめ顔が印象的(緊張したのかな?)続いて、各イベントの写真をスライドショーで見ながら、イベントのいろんな場面をおさらい、、、。
c0152380_0105095.jpg

c0152380_01152.jpg

c0152380_0203254.jpg

c0152380_0113688.jpg

c0152380_0115437.jpg
c0152380_0121665.jpg
c0152380_0123866.jpg
c0152380_0125961.jpg
c0152380_0133275.jpg
c0152380_0142936.jpg
c0152380_0163296.jpg

c0152380_0211221.jpg


グループに分かれて、イベントごとに「よかったこと」「悪かったこと」「次回への展望」をどんどんポストイットに書き出してもらい、模造紙にまとめていきました。(何事も文字を残して、、次のステップへ進むことが大事だもんね!!)こうして振り返ってみると、まあいろんなことに手を出したのだなあと、あらためてびっくりしたような、ちょっとびびったような、、、。
特に反省点は、共通した問題が多かったですね。
●宣伝・広報に関する反省 ●進め方の反省 ●仕事の不均等 などなど
これを改善してゆけば、逆にどのグループでも強みになるってことか!!

今回は記事が長いので続きは次回へ
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-21 00:16 | イベントの結果報告
台所発がんばらない防災のすすめ~アンケート結果報告編
3月30日(日)大名公民館で開催された、「台所発がんばらない防災のすすめ」の参加者アンケートができましたので、お知らせします。
c0152380_23292275.jpg

参加の性別、年代についてです。年齢は40代以上、やはり女性が多く、90%以上を占めました。知ったきっかけは「友人、知人の紹介」が圧倒的に多かったです。
またその理由は、「防災に関心があったからが57%と一番多く、かなり意識の高い方々の集まりであることがうかがえます。
講義への満足度は、「大変良かった」「まあまあ良かった」を合わせると、90%以上のかたが、まあまあ以上の満足をしています。
好評だった内容の1位はやはり先生の話、震災経験者である先生の話はスタッフも強い印象を受けました。しかも、飽きさせないというか、話がうまい。
c0152380_2340485.jpg

先生の話の中で特に印象に残ったいくつかをご紹介。
・家庭に未成年の子どもがいる家庭では、災害時も(こそ)タンパク質を切らさない。豆の水煮缶や、パック、羊羹でもいい。強いストレスがかかった生活の中で、タンパク質の欠乏が、子供の成長に大きな弊害をもたらす。
・乾物は大事な栄養源。海苔1枚で1日に必要なミネラルを満たすことができる。
・災害用の小さなポーチを作っていつも持ち歩こう。(先生はマイポーチを福岡にも持参)ホット用のミニペットボトルは、カイロにもなって便利。

手を汚さず、火を使わない「乾物サラダ」も料理の中では一番人気でした。
c0152380_23423832.jpg



最後に参加者の自由意見をご紹介します。皆さん、かなり具体的に意見を書いてくださって、本当に感謝します。また神戸の坂本先生にも、楽しく、真面目に聞ける講義をありがとうございました。

・楽しかった。有益な話も聞けたし、また参加したい。
・自宅でも作ってみたいと思いました。
・時間が足りないくらい。何回もこの講座を聞きたい。
・防災の心構えが参考になった。
・食事が大事と思っているので、今日教えてもらったレシピは助かりました。もっと教えてほしいと思いました。
・本日参加して本当に良かった。私にできることはぜひしたいと思います。
・知らない情報が沢山あり、参考になりました。楽しかったです。
・実際に体験された方の話は直接聞くと、やはり気持ち・体験の様子が伝わり方が違うと思った。   
・実体験に基づいた話だったので心に良く響いた。また、火を使わない料理など非常に良かった。   
・初めて参加しましたが、もっともっと勉強しなければと思いました。   
・大変参考になりました。
・学校給食調理員なので先の福岡地震の経験から、小学校給食調理室の食品倉庫から災害時の炊き出しの実践研修など企画して役立てる準備をしています。地域の防災とのつながりをもっと深めていきたいと考えています。とても役立つ実践的な話でした。
・だいぶ地震のことを忘れていたので大変参考になりました。とりあえず地震袋の確認をしたいと思います。経験者のお話しだったのでよくわかりました。
・話が聞けて良かったです。
・自分たちで作った皿とコップを使用すればいいと思います。スプーン、はし、フォークと3つも準備は不要   
・初めて聞く話で良かった。
・食生活改善サポーターなので地域でも本日のような調理実習や話をすることも必要でやってみようと思います。高齢者の食事の作り方にも参考になりました。
・バッグの中に非常の際のグッズを準備しておこうと思いました。
・水をいかに少なく使って料理を作るのか参考になりました。味もGood。「がんばりすぎない」は日常の生活でもそうですね。
・地域のつながりがやっぱり大切だなと感じ、日頃からもしものことを考えて生活したいと思います。
c0152380_2354678.jpg

[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-09 23:54 | イベントの結果報告
玄界島緑化支援の巻
c0152380_17543264.jpg
緑化支援に行ったはずが なぜか?昼ご飯作りの責任者になってしまいました。 肝心の植樹は、、実はわからない~。また責任者から報告しますね!帰りに 美味しいクジラ飯をお土産にいただきました。今からいっただきます。
c0152380_17321924.jpg
クジラ飯は冷めてもやっぱり美味しいなあ。今日はまあ100%オーライの日にしましょ。実行委員会 中原
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-06 17:32 | イベントの結果報告
「台所発がんばらない防災のすすめ」の報告
災害時トイレの翌日は、3月30日日曜日13時より、、あすみんのおとなりにある「大名公民館」にて「台所発がんばらない防災のすすめ」を開催しました。
c0152380_1175376.jpg

講師ははるばる神戸から来てくださった料理研究家、坂本佳奈先生。ご自身も阪神淡路大震災時に自宅で被災。本棚に挟まれて意識不明になり、たまたま心肺蘇生法の講習を受けていたお母さんの応急手当てにより一命を取り留めたとのこと。(やはり応急手当ては家族を救うんだ!と納得)
c0152380_1252525.jpg

火を使わず、手も汚さずに、カルシウムやミネラルビタミンをとれる干物サラダをつくる佳奈先生。
c0152380_1263692.jpg

c0152380_127176.jpg

    さあ、参加者もつくってみましょう。
c0152380_128644.jpg

    つぎは新聞紙をつかった紙食器づくりです。
c0152380_12953.jpg

最後は、「パラパラチャーハン」と「トマトにゅうめん」です。震災の時も、一番はじめに復旧するインフラは電気、だからガスを使わず、今回はIHクッキングヒーター1台を使いました。
c0152380_133391.jpg

公民館の電気容量の問題もあり、今回はすべて電気とはいかず、助手たちが裏でせっせと参加者分の料理を作っています。(どっかで見た顔??)
c0152380_1344172.jpg

c0152380_13457100.jpg

      トマトにゅうめん
c0152380_1352410.jpg

      ぱらぱらチャーハン、どれもおいしそうでしょう?
c0152380_136953.jpg

      では試食です。
c0152380_1363916.jpg
c0152380_1365084.jpg

温かいものを食べられるということは、”もしも”のとき、どんなに気持ちが落ち着くことでしょう。
食べて、学んで、中身の濃い半日でした。食後の、意見交換でも活発なご意見が飛び交い、次回へのアイデアや反省になりました。

参加してくださったみなさん、そして先生方、ありがとうございました。アンケートの意見は後日、お知らせいたします。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-02 01:18 | イベントの結果報告
災害時トイレワークショップ 無事に終わりました
3月29日(土)NPOボランティアセンター「あすみん」にて、災害時トイレワークショップを開催しました。23名の参加者をお迎えして、和やかな雰囲気で始まりました。
c0152380_173410.jpg

          入り口の様子
c0152380_181167.jpg
c0152380_182661.jpg

部屋の両脇には、さまざまな簡易トイレや、自宅にあるもので代用したトイレがならべトイレサロン風な?雰囲気を意図的に狙ってみました。最初はぽつぽつと出ていた意見も、時間が過ぎるごとにどんどん、積極的でユニークな”もしも”のときのアイデアが湧くように?!出てきました。
c0152380_1111915.jpg

c0152380_1113838.jpg

c0152380_1115734.jpg

各グループの様子、ね、意見を書く フセンがぎっしりでしょう?
c0152380_1142641.jpg
c0152380_1144026.jpg
c0152380_1145169.jpg

         グループごとの発表の様子です。
初対面で、いきなりトイレの話かい?と思うでしょうが、実に盛り上がりましたよ。だって皆が毎日することですもん。共感しない話はない!!

最後にアンケートの自由意見をちょっとだけ抜粋して紹介します。参加してくださった皆さん、ありがとう。ふむ、継続ですね、、、また違う切り口で今後もトイレを考えますよ。(BY 担当者)

●人間最大の問題に取り組んで話し合うことが出来てよかった。今後の参考にしたい。
●今後も継続を希望します。楽しく役に立ちました
●普段考えないことを考える機会になりました
●色々と考える事が多かった!!
●世代や業種を横断して継続できるといいと思います
●自分の頭には全くないような意見がたくさん聞けてとても有意義な時間が過ごせました。また災害トイレの種類も充実していたので、それもためになりました
●意外なアイデアとか考え方があることに気付きました
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-01 01:23 | イベントの結果報告
「親子でサバイバル」の模様を紹介しています
サバイバルGrの八坂です。

イベント終了後、私が、しばらく福岡を離れていましたので、掲載が遅くなっていましたが、福岡レスキューサポート・バイクネットワーク(構成団体のひとつです!)のホームページに、3月8日(土)に開催しました「親子でサバイバル」の模様を掲載してみました。ちょっと写真に頼りすぎた構成になっていますが当日の雰囲気が伝われば幸いと思います。
ここをクリックしてください
c0152380_057361.jpg


なお、遅くなりましたが、「親子でサバイバル」の参加者アンケートがまとまりました。
対象が、「子供たちとその保護者」ということで、他のイベントよりも特に若い参加者の方が多く、成人も40代以下の世代が90%を以上を占めていました。これって、他の防災イベントではありえないくらい若い!!(ブログにグラフが載せられないのが残念です。)
参加理由のダントツ1位は、「面白そうだから」これって、重要ですよね。防災!ムムッっと眉間にしわを寄せても、面白くないもんね。
では自由意見をご紹介します。

●こうゆうのははじめてだったのでとてもおもしろそうなので来たらとてもおもしろい所でした。
●"子ども達も楽しく参加できてとてもよかったです。①応急手当の指導者のレベルに差があった感がある。②クッキングの班割りにも差があった。もう少し同一のレベルでお願いします。"
●"最初にグループ分けされて食事を一緒にでき、知り合うことが出来たので、その後の行事も一緒に楽しくできたのが良かったと思う。応急手当は説明がわかりやすかった。"
●"AEDの使い方が理解出来たので、有意義でした、一日楽しく、役立つことが多くありました。
スタッフの皆さまお疲れ様でした。ありがとうございました。"
●"普段、なかなか体験する機会がないので、子どもにとっても貴重な経験が出来て充実した
一日を過ごせました。"
●もっとサバイバル体験をお願いします。
●AEDを使えたことと、意味を理解出来たことがとてもためになりました。
●クッキングは、隣人との協力や、水の大切さを学ぶなどとても楽しく学ぶことが出来ました。
●"スタッフの方々、ありがとうございました。ボランティアだと聞いて大変だと感じました。楽しく学べました。(天気が良くてよかった)"
●AEDの使用方法がわかり大変ためになりました。機会があればまた参加したいです。
●楽しかったです。 ●とても楽しかったです。
●充実した内容で楽しかったです。ありがとうございました。
●皆でおいしく昼食を食べることができたのが好印象だった。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。またこの貴重な意見を参考にしながら、また次回のキャンプや、他の形での参加型イベントにも生かしたいと思います。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-01 00:58 | イベントの結果報告
「防災どんたくシンポジウム」の報告
ちょっと23日の避難所疑似体験と順番が入れ替わりましたが、シンポジウム報告です。3月20日(木・祝)福岡市役所15階ホールにてシンポジウムが開催されました。今回、福岡市と共催という形でやらせてもらい、後半の第二部が我が「防災どんたく実行委員会」主催です。
c0152380_0102463.jpg

朝10時に集合して、設営のお手伝い。
c0152380_0105793.jpg

途中ちょっと抜け出して、岩田屋のお隣、NTTで行われている、「災害用伝言サービス」の紹介イベントを見学。「防災どんたく」の文字を見つけて勝手に喜んでます。
c0152380_0141178.jpg

前半は九州産業大学准教授 日高圭一郎氏の基調講演。このあと先生には引き続き残っていただき、後半の市民トークにも参加していただきました。
c0152380_0163690.jpg

休憩時間の非常食の試食が大好評!いろんな味のごはんを「これはイケる!」と皆さん、食べ比べていました。しかし、食べて安心したのか、第二部はちょっと観客が減少。むむ、、いかん。
c0152380_0192063.jpg
c0152380_0193181.jpg

第二部トップバッターは「福岡応急手当て普及の会」による寸劇!これが素晴らしかった。とてもわかりやすく心肺蘇生法や、AEDについてが劇に盛り込まれていて、かつ面白かったです。メンバーは何10時間、いや100時間以上かも?そのくらい稽古を重ねたそうです。しっかりそれは舞台に表れていました。
c0152380_0244087.jpg

c0152380_0245814.jpg

被災現場からの報告ということで、志賀島(しかのしま)、中央区今泉、西区西浦それぞれの地区の方に話してもらいました。当初は観客も含めてのトーク予定していましたが、結局時間が押してしまいました。発表者からの一方向からの提起でおわり、なかなか双方向での意見交換とまではいきませんでした。シンポジウムって難しいですね。これは、次回への課題です。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-03-28 00:36 | イベントの結果報告
避難所疑似体験・AED実習 体験してきました!
こんにちは。防災どんたく実行委員会の牧薗です。
c0152380_22103857.jpg

3月23日(日)中央区警固公民館で避難所疑似体験及びAED実習に今回は参加者として参加しました。全体で3時間くらいあったのですが,飽きさせない工夫と内容で非常に楽しかったです。
c0152380_2264374.jpg

避難所の開設にあたり,どのような部屋が必要か検討した後,絶妙なタイミングで非常食が
配られて,皆さんには,おいしいと好評でした!
c0152380_2274629.jpg


公民館の模型も九産大の学生さんがリアルにつくってくれていて,図面よりさらに施設が理解しやすかったです。(写真は模型を元に配置を検討する参加者の皆さん)
c0152380_2285666.jpg


その後,実際に公民館でNTTさんによる災害時伝言ダイヤルを実際の電話を使って体験しました。私ははじめて体験したのですが,1回体験しとくと良いかと思います。毎月1日には,体験できるよう設定されているとのことでしたので皆さんもぜひ体験してみてください。伝言するときは171+1、聞くときは171+2ですね。
c0152380_22121188.jpg

c0152380_22123351.jpg


その後,応急手当て普及の会さんによる心肺蘇生とAEDの時間でしたが,これまた指導員の方が沢山いらっしゃって2~3人に指導員が一人,人形も10体くらいあってわかりやすく指導してもらいました。
c0152380_2214893.jpg

c0152380_22142411.jpg

3月20日に市役所15階で行われた、「防災どんたくシンポジウム」での寸劇で予習してましたので,今回の分である程度体得できました!心肺蘇生って何となく他人を助けると漠然と思っていましたが,もし家族が心肺停止状態になったらと考えると,必ず身につけた方が良いですよね。何もできずに救急隊を待つのではなく,自分で助けることができるというのは必要ですね。家族には心肺蘇生はできる!と自信がつきました。
c0152380_22145426.jpg


他にも公民館の他の階で,避難所での1人辺りのスペース体験(段ボールで囲って),災害時のポータブルトイレの展示(リアルな○ンチ付き・・まさか本物では?)など公民館全体を使って,まるごと避難所体験という感じでした。
c0152380_22153415.jpg

c0152380_2215474.jpg

↑(注)この広さが「確保すべき1人の面積」だそうです。それでも狭い、、、よね。

こころよく場所を提供してくださった警固公民館の職員の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

なおこのワークショップの模様を「福岡応急手当て普及の会」のメンバーの方がブログで紹介してくれています。
ぜひこちらもご覧ください。⇒ちゃみログ.net
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-03-27 22:25 | イベントの結果報告
福岡県地域防災シンポジウムに参加しました
土曜日のよみうりフォーラムに続き、日曜日の3月16日もシンポジウムに参加してきました。
c0152380_10176.jpg

◆基調講演 13:30~14:40 「地域防災力を考える」
林 春男:京都大学防災研究所 巨大災害研究センター教授
c0152380_059202.jpg

前日聞いた河田先生の講演を、さらに林先生でおさらいするという、まさに贅沢な防災の週末の午後?でしたね。
c0152380_0594471.jpg

◆パネルディスカッション 14:40~16:10
・林 春男:コーディネーター
・磯辺 康子:パネリスト(神戸新聞社会部 記者)
・櫨川 龍也:パネリスト(立花町消防副団長)
・山崎 威暢:パネリスト(北九州市穴生市民防災会会長)
ちょっと、観客とパネリストの方との距離が遠かったかな?もうすこし井戸端会議的でもいいかなと思いました。特に神戸新聞記者の磯部さんの震災の体験談はもっと聞きたかったなあ。

最後にちょこっと宣伝。
防災どんたく実行委員会の構成団体でもある福岡県建築士会福岡支部が今回、福岡県防災賞をいただきました。ありがとうございました。なのでよりいっそうイベントに気合をいれねばなりません。
c0152380_185238.jpg

全部で3つの団体、個人が表彰されました。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-03-19 01:01 | イベントの結果報告
   

楽しみながら参加して、防災意識を身につけるためのさまざまなイベントを紹介してゆくブログです。
by bousai-dontaku
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 最新のトラックバック
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧