> カテゴリ
全体
防災どんたくって何?
実施イベントの情報
準備会議
構成団体や協力団体について
イベント準備のヒトコマ
連絡先
規約
イベントの結果報告
防災どんたくブログに関して
つぶやき
未分類
>
~防災は備えるものから 身につけるものになった~

この活動は下記の団体および個人によって構成されております。☆マーク団体をクリックするとそれぞれの団体HPにジャンプします。(50音順)

☆NPO安全で安心な市民生活の会 ライフサポート

◆いてもたってもおら連帯

☆園芸福祉ふくおかネット
☆九州産業大学建築学科グループ
◆博多あん・あんリーダー会
☆(社)福岡県建築士会福岡支部
☆福岡応急手当て普及の会
☆福岡レスキューサポート・バイクネットワーク
☆NPO南畑ダム貯水する会

☆日本防災士会福岡県支部
■共催
☆読売新聞西部本社
☆財団法人 福岡市スポーツ振興事業団
☆福岡市NPO・ボランティア交流センター あすみん
■後援
☆福岡県
☆福岡市
☆社団法人福岡県建設業協会

【防災どんたく実行委員会にメールを送る】
arigatou-f-owner@yahoogroups.jp

【リンクサイト】
消防防災博物館イベント情報↓(防災どんたく掲載)

イベント情報 <br />
www.bousaihaku.com

☆防災情報新聞(防災催事情報で防災どんたく掲載)

☆福岡市学習情報提供システム「まなびアイふくおか」

☆福岡アンテナ「福岡のイベント情報ブログ」

☆トラストナビ(地域イベント情報に防災どんたくあり)

☆危機管理セミナー(イベント情報にトイレワークショップあり)

このブログに関して

Copyright(C)2007
防災どんたく実行委員会
All Rights Reserved.
カテゴリ:イベントの結果報告( 19 )
役員会開催
今村晃章@くるめが5月11日(日)の13時~17時で開催された役員会の報告をします。

c0152380_15194536.jpg

参加者は6名、防災どんたくの反省と今後について話し合いが行われました。

c0152380_15493790.jpg

会計の処理や今後の企画についてなど、シビアな話が多かったのですが、各人が考えの違いを尊重しあい、どうすればうまく解決できるかを真摯に話すことができました。

c0152380_15573379.jpg

特に今後についての話は、来年が楽しみになるような内容が多く、4時間という長さを感じさせないミーティングだったと思います。実りある会議でよかったと思います。これを反映させて、より良いものにしていきたいですね。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-05-12 16:03 | イベントの結果報告
反省会&全体打ち上げの実施4月19日 後編
後編いきます。

模造紙にまとめた各グループの巨大議事録をそれぞれのグループの最もイケメンが発表するということになりました。こんな感じ、、です。
c0152380_046381.jpg

c0152380_10293244.jpg

c0152380_047957.jpg

c0152380_0475048.jpg

c0152380_048870.jpg

前篇も書きましたが、反省点は、共通した問題が多かったですね。
●宣伝・広報に関する反省 ●進め方の反省 ●仕事の不均等 などなど
これを改善してゆけば、逆にどのグループでも強みになるってことか!!

c0152380_051952.jpg

この模造紙は次回への大事な記録といたします。

結局ここでじっくり時間を費やして話しあったので、予想通り?全体運営に関してはちょっと時間が足りず、後日役員会をもうけましょうということでいったん閉会いたしました。

報告書についてもただいま作成中です。延べの参加者や、ボランティア人数もまとまりましたらこのブログ上でも紹介してゆきますね。

全体打ち上げは、あすみんの道向いの「十徳や」さんにて。
c0152380_0565241.jpg

c0152380_12877.jpg


22名の参加者で盛り上がりました!最後は実行委員会の仲間の前向きなコメントがどれも心に残りました。ありがとうございました。
c0152380_14987.jpg

[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-21 00:58 | イベントの結果報告
反省会&全体打ち上げの実施4月19日 前編
4月6日の 「玄界島環境緑化支援」をもって、今回の「防災どんたく」の全イベントが無事に終了いたしました。参加された皆様、ご協力くださった皆様、多くの方々のお力に支えられて、事故もけがもなく終えたことを、実行委員会一同感謝いたします。ありがとうございます。
c0152380_030510.jpg


■個々のイベントの反省会と全体運営の反省、で欲張って次回への展望などなどてんこもりの議事次第で、4月19日午後3時よりあすみんセミナールームにて、防災どんたく反省会を開催いたしました。

まずはニュースに取り上げられた「親子でサバイバル」のテレビ映像とを鑑賞。Y坂さんのくそまじめ顔が印象的(緊張したのかな?)続いて、各イベントの写真をスライドショーで見ながら、イベントのいろんな場面をおさらい、、、。
c0152380_0105095.jpg

c0152380_01152.jpg

c0152380_0203254.jpg

c0152380_0113688.jpg

c0152380_0115437.jpg
c0152380_0121665.jpg
c0152380_0123866.jpg
c0152380_0125961.jpg
c0152380_0133275.jpg
c0152380_0142936.jpg
c0152380_0163296.jpg

c0152380_0211221.jpg


グループに分かれて、イベントごとに「よかったこと」「悪かったこと」「次回への展望」をどんどんポストイットに書き出してもらい、模造紙にまとめていきました。(何事も文字を残して、、次のステップへ進むことが大事だもんね!!)こうして振り返ってみると、まあいろんなことに手を出したのだなあと、あらためてびっくりしたような、ちょっとびびったような、、、。
特に反省点は、共通した問題が多かったですね。
●宣伝・広報に関する反省 ●進め方の反省 ●仕事の不均等 などなど
これを改善してゆけば、逆にどのグループでも強みになるってことか!!

今回は記事が長いので続きは次回へ
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-21 00:16 | イベントの結果報告
台所発がんばらない防災のすすめ~アンケート結果報告編
3月30日(日)大名公民館で開催された、「台所発がんばらない防災のすすめ」の参加者アンケートができましたので、お知らせします。
c0152380_23292275.jpg

参加の性別、年代についてです。年齢は40代以上、やはり女性が多く、90%以上を占めました。知ったきっかけは「友人、知人の紹介」が圧倒的に多かったです。
またその理由は、「防災に関心があったからが57%と一番多く、かなり意識の高い方々の集まりであることがうかがえます。
講義への満足度は、「大変良かった」「まあまあ良かった」を合わせると、90%以上のかたが、まあまあ以上の満足をしています。
好評だった内容の1位はやはり先生の話、震災経験者である先生の話はスタッフも強い印象を受けました。しかも、飽きさせないというか、話がうまい。
c0152380_2340485.jpg

先生の話の中で特に印象に残ったいくつかをご紹介。
・家庭に未成年の子どもがいる家庭では、災害時も(こそ)タンパク質を切らさない。豆の水煮缶や、パック、羊羹でもいい。強いストレスがかかった生活の中で、タンパク質の欠乏が、子供の成長に大きな弊害をもたらす。
・乾物は大事な栄養源。海苔1枚で1日に必要なミネラルを満たすことができる。
・災害用の小さなポーチを作っていつも持ち歩こう。(先生はマイポーチを福岡にも持参)ホット用のミニペットボトルは、カイロにもなって便利。

手を汚さず、火を使わない「乾物サラダ」も料理の中では一番人気でした。
c0152380_23423832.jpg



最後に参加者の自由意見をご紹介します。皆さん、かなり具体的に意見を書いてくださって、本当に感謝します。また神戸の坂本先生にも、楽しく、真面目に聞ける講義をありがとうございました。

・楽しかった。有益な話も聞けたし、また参加したい。
・自宅でも作ってみたいと思いました。
・時間が足りないくらい。何回もこの講座を聞きたい。
・防災の心構えが参考になった。
・食事が大事と思っているので、今日教えてもらったレシピは助かりました。もっと教えてほしいと思いました。
・本日参加して本当に良かった。私にできることはぜひしたいと思います。
・知らない情報が沢山あり、参考になりました。楽しかったです。
・実際に体験された方の話は直接聞くと、やはり気持ち・体験の様子が伝わり方が違うと思った。   
・実体験に基づいた話だったので心に良く響いた。また、火を使わない料理など非常に良かった。   
・初めて参加しましたが、もっともっと勉強しなければと思いました。   
・大変参考になりました。
・学校給食調理員なので先の福岡地震の経験から、小学校給食調理室の食品倉庫から災害時の炊き出しの実践研修など企画して役立てる準備をしています。地域の防災とのつながりをもっと深めていきたいと考えています。とても役立つ実践的な話でした。
・だいぶ地震のことを忘れていたので大変参考になりました。とりあえず地震袋の確認をしたいと思います。経験者のお話しだったのでよくわかりました。
・話が聞けて良かったです。
・自分たちで作った皿とコップを使用すればいいと思います。スプーン、はし、フォークと3つも準備は不要   
・初めて聞く話で良かった。
・食生活改善サポーターなので地域でも本日のような調理実習や話をすることも必要でやってみようと思います。高齢者の食事の作り方にも参考になりました。
・バッグの中に非常の際のグッズを準備しておこうと思いました。
・水をいかに少なく使って料理を作るのか参考になりました。味もGood。「がんばりすぎない」は日常の生活でもそうですね。
・地域のつながりがやっぱり大切だなと感じ、日頃からもしものことを考えて生活したいと思います。
c0152380_2354678.jpg

[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-09 23:54 | イベントの結果報告
玄界島緑化支援(植樹編)
玄界島緑化支援にも参加した今村@くるめが植樹について報告します。
c0152380_16515939.jpg

朝7時の博多ふ頭で準備開始。先発隊は7時15分の船便で先に玄界島入りしました。
多くのボランティアは8時50分の船にて出発、遅刻者はゼロでした。
c0152380_1654598.jpg

島に上陸したらすぐに開会式が行われました。
c0152380_16561358.jpg

当日は小石原(朝倉郡東峰村)からも植樹に来てくださいました。遠いところお疲れ様です。
c0152380_16594163.jpg

桜の木を植えた後、レスカの木(レモンとスダチとカボスが一緒に実る)を各家庭の庭先に植えるのを手伝いました。
c0152380_17473321.jpg

玄界島は石が多く、地面が硬いので、各所で穴を掘るのに苦労しました。
c0152380_1749162.jpg

植樹作業終了後は玄界島の「くじらめし」とカレー、豚汁をいただきました。
座るところがなくてみんなで立食パーティ!?
c0152380_17514396.jpg

最後にみんなで記念撮影、36名の参加者の皆さん、一日お疲れ様でした。
c0152380_17523457.jpg

帰りの漁港は島の人たちが見送りに来てくださいました。感動して涙が出ました。

天気にも恵まれたし、とても疲れたけど、また行きたいと思います。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-07 18:00 | イベントの結果報告
「ぼうさいダック」の報告
お待たせしました。
実行委員会の今村が「ぼうさいダック」の報告をします。
c0152380_14442033.jpg

講師が動物のカードを出すと子どもたちが出されたカードの真似をします。
c0152380_144876.jpg

これは「亀のポーズ」かな?
c0152380_14511694.jpg

たぬきのポーズ。火事のときのポーズですね。
c0152380_1452813.jpg

みんな覚えるのが早い!楽しんでます(^^)
c0152380_14534218.jpg

あひるのポーズ。地震のときはすぐにできるようにしましょう。

「防災楽習迷路」と同様、こどもたちの動きが早いのに比べて、一緒に動いている実行委員は翌日筋肉痛になるというハプニングに見舞われました。防災はまず運動不足の解消からかもしれません。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-07 14:59 | イベントの結果報告
玄界島緑化支援の巻
c0152380_17543264.jpg
緑化支援に行ったはずが なぜか?昼ご飯作りの責任者になってしまいました。 肝心の植樹は、、実はわからない~。また責任者から報告しますね!帰りに 美味しいクジラ飯をお土産にいただきました。今からいっただきます。
c0152380_17321924.jpg
クジラ飯は冷めてもやっぱり美味しいなあ。今日はまあ100%オーライの日にしましょ。実行委員会 中原
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-06 17:32 | イベントの結果報告
「防災楽習迷路」「ぼうさい紙芝居」の報告
3月29日、30日に警固小学校で「防災楽習迷路」「ぼうさい紙芝居」が開催されました。
c0152380_12423080.jpg

まずは当日準備、迷路設営はひまわりオジサンこと荒井勣氏の指示のもと、スタッフが総出で取り掛かって1時間弱で終了。
c0152380_12505170.jpg

防災紙芝居は日本防災士会福岡県支部と久留米大学美術部の学生が担当。遠いところありがとうございます。
c0152380_12512719.jpg

そしていよいよ始まりました。小学生が迷路に挑戦!意外に大人より早くクリアしていました。
c0152380_1254830.jpg

当実行委員会代表も果敢に挑戦!しかし頭をぶけて苦笑い・・・
迷路は災害で崩れた家を想定しています。気をつけて進みましょう。
c0152380_12562625.jpg

防災紙芝居はなんと手作り!木枠も手作りで2度驚き!さすが美術部ですね~
c0152380_12585785.jpg

最後にスタッフで一枚。朝早くからお疲れ様でした。
2日目は雨が降って大変でしたが、多くの子どもたちが駆けつけてくれました。ありがとうございました。
同日に行われた「ぼうさいダック」の報告は後ほど!!
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-02 13:04 | イベントの結果報告
「台所発がんばらない防災のすすめ」の報告
災害時トイレの翌日は、3月30日日曜日13時より、、あすみんのおとなりにある「大名公民館」にて「台所発がんばらない防災のすすめ」を開催しました。
c0152380_1175376.jpg

講師ははるばる神戸から来てくださった料理研究家、坂本佳奈先生。ご自身も阪神淡路大震災時に自宅で被災。本棚に挟まれて意識不明になり、たまたま心肺蘇生法の講習を受けていたお母さんの応急手当てにより一命を取り留めたとのこと。(やはり応急手当ては家族を救うんだ!と納得)
c0152380_1252525.jpg

火を使わず、手も汚さずに、カルシウムやミネラルビタミンをとれる干物サラダをつくる佳奈先生。
c0152380_1263692.jpg

c0152380_127176.jpg

    さあ、参加者もつくってみましょう。
c0152380_128644.jpg

    つぎは新聞紙をつかった紙食器づくりです。
c0152380_12953.jpg

最後は、「パラパラチャーハン」と「トマトにゅうめん」です。震災の時も、一番はじめに復旧するインフラは電気、だからガスを使わず、今回はIHクッキングヒーター1台を使いました。
c0152380_133391.jpg

公民館の電気容量の問題もあり、今回はすべて電気とはいかず、助手たちが裏でせっせと参加者分の料理を作っています。(どっかで見た顔??)
c0152380_1344172.jpg

c0152380_13457100.jpg

      トマトにゅうめん
c0152380_1352410.jpg

      ぱらぱらチャーハン、どれもおいしそうでしょう?
c0152380_136953.jpg

      では試食です。
c0152380_1363916.jpg
c0152380_1365084.jpg

温かいものを食べられるということは、”もしも”のとき、どんなに気持ちが落ち着くことでしょう。
食べて、学んで、中身の濃い半日でした。食後の、意見交換でも活発なご意見が飛び交い、次回へのアイデアや反省になりました。

参加してくださったみなさん、そして先生方、ありがとうございました。アンケートの意見は後日、お知らせいたします。
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-02 01:18 | イベントの結果報告
災害時トイレワークショップ 無事に終わりました
3月29日(土)NPOボランティアセンター「あすみん」にて、災害時トイレワークショップを開催しました。23名の参加者をお迎えして、和やかな雰囲気で始まりました。
c0152380_173410.jpg

          入り口の様子
c0152380_181167.jpg
c0152380_182661.jpg

部屋の両脇には、さまざまな簡易トイレや、自宅にあるもので代用したトイレがならべトイレサロン風な?雰囲気を意図的に狙ってみました。最初はぽつぽつと出ていた意見も、時間が過ぎるごとにどんどん、積極的でユニークな”もしも”のときのアイデアが湧くように?!出てきました。
c0152380_1111915.jpg

c0152380_1113838.jpg

c0152380_1115734.jpg

各グループの様子、ね、意見を書く フセンがぎっしりでしょう?
c0152380_1142641.jpg
c0152380_1144026.jpg
c0152380_1145169.jpg

         グループごとの発表の様子です。
初対面で、いきなりトイレの話かい?と思うでしょうが、実に盛り上がりましたよ。だって皆が毎日することですもん。共感しない話はない!!

最後にアンケートの自由意見をちょっとだけ抜粋して紹介します。参加してくださった皆さん、ありがとう。ふむ、継続ですね、、、また違う切り口で今後もトイレを考えますよ。(BY 担当者)

●人間最大の問題に取り組んで話し合うことが出来てよかった。今後の参考にしたい。
●今後も継続を希望します。楽しく役に立ちました
●普段考えないことを考える機会になりました
●色々と考える事が多かった!!
●世代や業種を横断して継続できるといいと思います
●自分の頭には全くないような意見がたくさん聞けてとても有意義な時間が過ごせました。また災害トイレの種類も充実していたので、それもためになりました
●意外なアイデアとか考え方があることに気付きました
[PR]
by bousai-dontaku | 2008-04-01 01:23 | イベントの結果報告